トピック

間違いなく管理対象の iOS デバイスの管理に慣れており、デバイスのほとんどの要素を管理する能力を備えています。過去に手動で OTA エンロールメントを処理する同業者がいた場合、管理対象のデバイスよりもマネジメントが簡単になったことがわかるはずです。BYOD ユーザーエンロールメントのデバイスはさらに前進し、機能も減らされています(これは良い理由からです)。

時期/理由

BYOD エンロールメントを活用していく場合、それは実際にエンロールされるデバイスをあなたが管理すべきではなく、むしろ組織のリソースを活用する能力を備えるべきことがその理由となるのです。それゆえ、BYOD エンロールメントにより VPP アプリケーションとライセンスを配布することができるのです。

しかし以下のような管理の制約もあります。

具体例

デバイスがエンロールされた後、コンテンツのアソシエーションは従来どおり管理されますが、FileWave が VPP ライセンス配布を管理する方法に重大な(そして有益な)変更があります。それゆえ VPP ライセンス/アソシエーションの変更に関する以下にリンクされた記事を必ず確認するようにしてください

もしかしたら「これらのライセンスをユーザーに配布しなければならないならば、つまり FileWave で VPP ユーザーを作成してから、それぞれのユーザーを招待しなければならないのではないか?」」と思う人もいるかもしれません。この疑問への答えは嬉しいことに「違います」。 ユーザーエンロールメントに関し、FileWave はオンデマンドでそれぞれ関連付けられた VPP アセットに対し自動的に VPP ユーザーを登録して関連付けます。




VPP License/Association Assignment Changes